カテゴリ:B(男の子)( 16 )

合格おめでとう!

B君の推薦入試(高校)は、”合格”と今ご連絡がありました。
よかったー!
お母様もこの3年よくご協力してくださいました。
作文のテーマが何だったのかが気になるところです。今度の時、聞いてみよっと。
B君、おめでとうございました。
by youkosodesu | 2007-01-24 14:56 | B(男の子)

作文教室4回目

B君(中3)です。

とうとうやりました。
4回目にして作文の書き方のコツをつかんだB君が、すらすらと400字を15分で書き上げたではありませんか。
f0024310_23231342.jpg

苦節4回、すごく繰り返したと思います。

「えーっと~・・、何回も同じことくどくてごめんねー。でも毎回説明させてもらうわねー。起承転結の起はねぇ、・・・のことで、例えばねぇ・・・」と、おそらく15回は言ったとおもいます。
そのたびにB君は「はい。はい。」とお行儀良く聞いてくれました。
ほんと、自分でもしつこいなぁと思います。

しかし、いままで作文をほとんど書いたことがなく、本も読まないB君にはこの方法しかありません。

入試当日の論文で固まってしまわないよう、私としても必死でした。
三分の一くらいしか書いていないのに、「終わった、もう書くことがない」は絶対にだめだよ、と言い続けました。

二回目までは、原稿用紙を前にして固まっている時間が長かったのですが、前回から少しよくなったようでした。

そして今日。鉛筆の動きは、子どもたちの内面や自信の程を顕著に表しますので、もうこれで大丈夫、との確信を得ました。

今日のテーマは”高校三年間でやりたいこと”です。

(同じようなテーマばかりですが、入試当日にあまり重いテーマは出さないだろうし、夢や希望を書かせるものがほとんどではないか、というヤマをはりました)
by youkosodesu | 2007-01-14 23:28 | B(男の子)

作文教室は3回目

B君(中3)です。    

英語です。
ソ連の宇宙ロケット”スプートニク”の打ち上げに、大きな驚きを覚えた田舎町の高校生ヒッカム君が、宇宙ロケット開発に携わるまでの話。
う~んなかなか面白い。

読み練習は、やっぱりヘッドホンを使用したほうが良いです。自分の発する声で、CDの声が聞こえなくなるから。
聞くことだけに集中すると言う意味でも、「追いかけまねっこ読み」はすごい効果を発揮します。

作文授業は今月末に行われる、推薦入試の論文(作文)対策の3回目です。
本日の題目は『高校生活での希望』です。
あらゆるテーマに則した、異なる内容の作文の練習をすることは不可能なので、何が出てきても骨子は同じにして、結論だけをテーマに結びつけよう、というもくろみです。
だから前回『中学時代に一番熱心に取り組んだこと』と途中までは、まったく一緒で、最後だけを未来に結びつけるやり方を練習しています。

感想文で「なにも感想がない。どうも思わなかった」という小学生がいますが、書き方を教わっていないため、手がかりが掴めず、そんな表現しか出来ないということもあると思います。
お母様方、起承転結にのっとって書くのだというコツを、簡単に教えてあげるといいですよ。

寝ているように見えますが↓英語Dを聞いているところです。
f0024310_1241968.jpg

by youkosodesu | 2007-01-07 12:51 | B(男の子)

志望校が決まる

B君(中3)です。
九分どおり高校が決まったG君、後は当日の作文をやるだけです。
本日は10分を暗記カード、40分を英語の予習に、40分を作文にと、時間を分けました。

『中学時代に一番熱心に取り組んだこと』について。
400字原稿用紙を前にして、起承転結の文字配分を決めたきり、ウーンとうなるB君、まったく筆が進みません。
学校では作文や感想文を、何度も書かされた経験はあるものの、その書き方を学んだことは、なかったに違いありません。

また出しゃばって、次々と文章の展開を誘導、指図して書かせてしまいました。だいじょうぶかな(汗)。
明後日こそは、絶対出しゃばらずに、本人に全部書かせるようにしないと。
f0024310_031070.jpg

by youkosodesu | 2006-12-25 00:07 | B(男の子)

内申点があがった

B君(中3)です。

英語
レッスン7Cの読み10回、和訳

入試論文(作文)の書き方その2
先週学校では三者面談が終わり、みんなががんばるこの時期に、なんと内申点が「3」上がったということに、すごく驚いています。B君は頑張ったのですね。
後は当日の作文だけ練習すればOKです。
影で支えるお母様にも脱帽です。「○○の参考書買いました。○ページの暗記事項をコピーして持たせます。家では時間切れで間に合わなかったので、後を頼みます。」
など実にマメにメールを送ってくださいます。主役のB君、サポートする私、そしてお母様、この三者で、3年間淡々とやってきた山場を今迎えようとしています。
さて、今日のお題は以下の写真です。

ところが、テンポに乗り切れず筆が進まなかったため、次回に持越ししました。
f0024310_12201977.jpg

by youkosodesu | 2006-12-17 12:37 | B(男の子)

みんな作文は嫌いです

B君(中3)です。

無理やりこの椅子に座ってもらい記念撮影。
f0024310_22245569.jpg

B君からの依頼科目は英語なのですが、今日は前回約束していた、論文(作文)の書き方を講義することにしました。

入試当日にいきなり、与えられたテーマに沿って、限られた時間内にスマートな出来栄えで仕上げるには、ちょっとしたコツがあります。

起承転結にわけ、この中に400字を割り振って、文字を埋め込むやりかたです。

彼には、”起”は、このテーマに関心を抱いたきっかけのようなことを書くのだよ、と説明。
その後の”承転結”も分かりやすく説明しました。
「いじめについて」「部活と学校生活について」「尊敬する人」の3つのテーマに沿って模範作文を見せます。

そして最後にいきなりのテーマ、「将来の夢」を提示して挑んでもらっているところです。
彼は私の説明の意図を良く理解し、適切に400字を各所100字に割り振って用紙を埋めていきました。作文はコツさえつかめば、思ったよりはハードルが低かった、と思ったようでした。
大成功!
f0024310_22253231.jpg

by youkosodesu | 2006-12-10 21:54 | B(男の子)

これしか出来ません

B君(中3)です。

英語
B君の学校も、まもなくテストです。ここに通ってくる子どもたち4校の中学のうち、3校の定期テスト日程がぴったりと重なりました。珍しいです。
中3は、前回と今度のテストが最大のやまばです。
今日と次回で、試験範囲の総復習をしようと、とても慌てました。
範囲全部を5回ずつ読む、和訳、学校ドリルの要所を復習、関係代名詞who,which,thatの使い方を再度説明。
f0024310_1373333.jpg

おやつの時間ですよー!これしか出来ない上に、お菓子作りは不得意です。出来立ては何でもおいしいに違いない、ということに期待をかけて、しかも大サービスで真ん中のいいところを出してあげましょう。
f0024310_13121318.jpg

パクパクパク。
by youkosodesu | 2006-11-12 13:00 | B(男の子)

また寝坊

B君(中3)です。
英語
レッスン5C,読み20回、和訳、関係代名詞thatの説明、5Dは時間が押してきて読みだけ9回。
今日は関係代名詞の説明が長すぎて、残り時間が8分になったため、5D部分は読みだけをやりました。
5Dはざっとアルファベット数が300文字あり、8分で9周読めたわけですから、この子はおよそ一分で300文字読んでいます。

今は中学校でも、一人ひとり指名して読ませることはないし、中学生はどの子もクラブ活動でとても忙しく、家で教科書を読む機会もないので、読むとしたら唯一ここで、という生徒がほとんどです。

ヘッドホンで、聞くことに集中させ、CDの速度にそって、区切りや抑揚に注意しつつ真似をするのですが、すらすらに読むには、聞くことに大変な集中力を要することになり、五感もフルに使うことになるし、眠気防止にもなるし、効果は計り知れないほど大きいとおもいます。
f0024310_1474836.jpg

今朝また寝坊し、急いで門に貼紙をしておやつを買いに走る羽目に・・・・
「おやつを買いに行きます。すぐ帰ってくるから待っていてね]
by youkosodesu | 2006-10-08 14:16 | B(男の子)

海の家風

B君(中3)です。
f0024310_1582578.jpg
f0024310_15104639.jpg


「海の家」兼学習塾。今日は焼きそば。注:近所に海などありませんが。
実は自分がお腹がすいていたため、、焼きそばを食べたかったので。
食べている時間は延長しています。

そうそう、学習内容でした。
英語:形容詞の働きをする現在分詞と過去分詞。かなり突っ込んで文法を繰り返しました。
また、レッスン4は通して読みを4回、全文和訳を完了しました。
B君は明日あさってと、後二回です。



そのほかの生徒さん(中1)も英語

今日はいい日でした。今まで英語という科目が、いったい何をやらされているのか、どんな順序に従って単語が配列されているのか、わからないまま当惑気味だった生徒が、レッスン1のSVO第3文型を、時間をかけて説明すると、頭の中で何かがつながって、ようやく納得した晴れやかな表情をみせてくれました。
そのため、一気に肯定文、否定文、疑問文まで終わり,訳も英作文もすいすいでした。

文型の理解が出来るなと判断した生徒には、すべての英文は5パターンに収まることを教えて、今何文型のどこをいじっているのかを明確にします。

このやり方は、大学受験の実況中継シリーズの英文法を、自分で中学生向きにアレンジしたものですが、学力が真ん中以上の生徒には効果がありました。
f0024310_18582548.jpg

汗だくになって来てくれました。まずは駆けつけ一杯、さっ、グビッとやって。
by youkosodesu | 2006-08-04 15:20 | B(男の子)

オープンサンドが本日のおやつ

f0024310_1420515.gif

B君(中3)です。

ミニ夏期講習の第二日目。
英語
引き続きカードで暗記する。 
新たに現在分詞と過去分詞が出てきました。
色々な教科書会社の英語教科書を見て思うことは、文法が脈絡なくあちこちに飛ぶので、子供によっては、関連性があるという理解がされないまま、そのすべてがばらばらな暗記物と化している、ということです。

公立校は、文科省の路線に則ってやらなければならないため、各学校が特色を出すわけには行かないところが、現場の先生方も頭を痛めている点ではないでしょうか。
能力の差が大きすぎる30~40人を束ねていくには、理解より暗記、という方法も一つではありますが。

さて、今日のB君は、起きたばかりで私のところに直行したと見え、朝食はまだ、と言っていたので、わたしは張り切って特製オープンサンドを作りました。
非常に寡黙なため、催促したわけではありません。
ぜんぶ”張り切りオバサン”のこの私がお膳立てしただけです。
海老パテ、イクラ、ブルーチーズ、オリーブ、レタスなど。超豪華。
B君も一気にぱくついていました。
f0024310_14184527.jpg

f0024310_14193580.jpg

今日はこれにて授業終了。ヒマです。
午後は英語の「実況中継シリーズ」を見直してみよう。
by youkosodesu | 2006-08-02 14:49 | B(男の子)