2017年 08月 15日 ( 1 )

子ども風の解き方って??

先日ある生徒さんから、「子ども風に教えて欲しい」とのリクエストがありました。
家の誰もが「大人風」?の説明をするので、結局分からなかった、と言っています。

この問題は、以下の解き方が一番易しくて、どの子にも理解しやすいです。

問3
J子さんはある計算を間違えてしまいました。
調べてみると、次のことが分かりました。
●正しい答えは小数第二位までの数である。
●J子さんは、答えに小数点を付け忘れたために間違えてしまった。
●J子さんの答と正しい答えとの違いは120.78であった。
この計算の正しい答えを求めなさい。(女子学院)

【解説】
小数点を付け忘れた数字をABCとおく。

正しい答えは小数第二位まであるから、A.BCになる。
A.BC=1 と置くと、ABCは100になります。(小数点を移動すればわかります)

A.BC=1 
ABC=100
差は99

120.78が99なら1は120.78÷99=1.22

スタート数がABCD でもABCDEも、小数点の移動は右に2回ですから、同じ結果になります。

解答書をそのまま書き写します。
正しい答を□とすると、J子さんの答えは□×100と表せます。したがって、
□×100-□=120.78
□×99=120.78
□=120.78÷99=1.22


小数点以下の数字が2個といっているのに、それらをひっくるめて□とするのはだめです。これでは、小数点を右に2回移動したことと100(倍)を結び付けられません。
だから、
J子さんの答えは□×100と表せます。
の部分に、「えっ!? 100ってどっから来たの?」
のように、唐突感を持ってしまいます。

クリックよろしくお願いします!



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

by youkosodesu | 2017-08-15 19:08