2017年 06月 04日 ( 1 )

図形比

2017年 6月4日 日曜日 晴れ

千早ちゃん(小6)です。
f0024310_21111189.jpg
今日でわずか5回目ですが、相当算、速さの差集め算、年齢算、損益算が終了。
損益算は2回に分けて、かなり突っ込んで行いました。

今から、売買損益の定着度を確認します。

おぉ!!
難問(2問)がスラスラと正解するではありませんか。
やったーっ!
よかったぁ。

今まで千早ちゃんは、随分不便な思いをしてきたに違いありません。
どこが分からないのだろう・・・
どこで詰まっているのか、自分にも分からない
やる気があるのに・・・もどかしい。

そこで全国の塾先生の皆様に提言。
売買損益算は、ぜひとも視覚化してください。
面積図はいいよォ~♪
千早ちゃんも、自分のかいた面積図をちらちら見て、求める場所を確認しつつ解いていましたよ。

さぁて、今日は図形比に進むかな。
一回完結でいきましょう。

チェバとメネラウスの定理でまとめるか、図形の天秤を使うか、混乱が無いようにどちらか一方に統一します。

図形の天秤は、共通比を作るひと手間があるものの、どの子にも取っ付きがよいです。
たいていの子が「わー、楽しい」と大喜びします。

しかし考えた末、定理で攻めることにします。
定理というと一見難しげですが、何のことはない、カンタンなルールを覚えるだけのことです。

すべての辺の比が短時間で出せれば、それに伴って面積比も出せるので、この上なく便利です。

両者の混乱を防ぐため、チェバなら、そればかり15問を立て続けにやります。
間髪いれずにやり続けることがコツです。
テンポが出てきたら、定着してきた証です。

その後はメネラウスにうつります。
「図形にキツネ顔を発見したら、そこに鼻とヒゲ、目を描き入れなさい」と指示します。
一瞬、「えっ!?ハハハ」という表情をしましたが、こちらの真剣な顔つきに黙りました。
f0024310_08275582.jpg
面白く和ませたいわけではなく、両者の使いこなしが、小学生にとっては混乱しやすいため、それが怖いので区別を印象に残したいからです。

その後の千早ちゃんは快進撃でした。

たった110分間で、さっきとは違う人物になって帰りました。

わたしは、なんだかとても良いことをした気持ちになって、うれしくなりました。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-06-04 21:05 | 千早ちゃん