2007年 04月 19日 ( 1 )

弱点をみつけるために

J君(小6)です。
「速さ」の中でも、「追い越し算」とか「流水算」など、テーマごとに勉強していた弱点が、コピーしてテーマが分からないように、ごちゃ混ぜにして取り組んだとたん、一気に浮き上がってきました。

このやり方だと、パターン化して当てはめればどんどん解けるため、テーマが混ざると解き方を混乱しやすいという欠点があります。
さらに、初回で出来なかった問題は、同じ間違えを繰り返していました。
平均して正答率は70%というところですが、この「SAPIX基本60題」は、塾(サピ)では5年生の夏に課題になると聞いていますので、J君は90%を目指したいところです。

一つのテーマだけをやり込んでいると、パターンを覚えてしまうという欠点が有りますが、とことんやって“覚えこむ”ということも必要です。だから最後には必ず「各テーマを混ぜてやる」、「時間が一問4分を切るまで繰り返す」ことが不可欠です。

このあと、他テキスト難50問を今月いっぱいに仕上げたら、次の「比」に取り掛かります。こんな風に、ひと月に一分野をぐるぐる繰り返します。
難問に挑む時間も必要なので、サピ基本編のスピードを上げますが、今後もこのやり方でいきたいと思います。J君は今日で学習7回目ですが、そろそろ拍車がかかってきました。
f0024310_21591775.jpg

難問50問の一部、ど~~んと宿題に出しました。
by youkosodesu | 2007-04-19 22:56 | J(男の子)