うちの子

今思い起こしても、赤面する思い出がある。

三歳になったばかりの娘を連れて、ピアノ教室の門をたたいた。

この先生にどうしても教わりたいという想いが募り、私は非常に緊張していた。

すると、いつにない様子をいち早く察知したのか、場の雰囲気を和らげようとしたのか、娘はただならぬ行動に出た。




ガラステーブルの上にいきなり仁王立ちになり、「かーちゃん、ウンコ!」と叫んだのだ。
f0024310_2051868.jpg

子どもは、日頃冗談に言った言葉でも、「耳で覚えたことは口にする」と思っていたので、常日頃「かーちゃん」という言葉は使ったこともなかったし、「ウンコ」も「ウンチ」と言っていたのだ。あー、それなのに。何ということだ・・・

予想通り、やんわりとお断りのご連絡を受けた。
「お嬢様はまだ少しお小さいようですので、あと一年したら、またいらしてみてください」

あと一年か・・・

しかし本当に一年待って、再び門をたたいた。

たくさんの予約者がいるので、たぶん先生は私たち母娘の細かいことを忘れて?いたようで、今度はすんなりと受け入れていただくことが出来たのだ。

ここ狛江に引っ越したのを機に、ピアノ教室はやめる事になったのだが、通算12年間、本当に上手に子どもの力を伸ばしてくださった。

私は家庭塾を開くにあたり、この先生のいろいろなやり方を参考にしている。

f0024310_21103268.gif


この前新宿の小田急デパートで、かなたに先生をお見かけした。
ショッキングピンクのジャケットをおしゃれに着こなしていて、遠くからでもすごく目立っていた。
もう70歳を過ぎる頃なのに、華やかできれいな方だなぁ・・・

懐かしいあの頃。
子育て真っ最中の、輝かしい母親時代の自分が蘇ってきた。
by youkosodesu | 2008-06-22 20:40 | ●家族
<< 半日遠足 初めての割り算 >>