お爺君、もう買ってこないでよ!学習報告も

お爺君が、産地からフキを買ってきたのですが、細すぎてむくのに時間がかかるため、億劫でなかなかやる気になれませんでした。
しかし、今朝は意を決して調理に臨みます。それぞれの食材を下茹でした後、ごま油で炒めて香ばしさを出し、炒め煮をします。
今煮ている最中にUPしています。
f0024310_9211450.jpg

f0024310_9313287.jpg

調理していることを忘れてしまうので、最も目立つところにマジックでメモ書きします。
これをやらず、今まで何個のなべを捨てたことか・・・
具は細フキ、こんにゃく、平べったいインゲン(名前を知りません)、すりゴマです。
こういうお惣菜は、作ったほうが安全ですし大量に出来ますから、これで2~3日持ちそう(?)

今ちょっと途中経過で味見したのですが、しっぱい・・・悲しいです。フキの苦味が先行し、全体的に“苦い煮物”と化しています。
今日の生徒さんI君、J君に出して反応をみようと思います。
f0024310_21452439.gif

さらっと学習ご報告
I君(5年)→濃度と、碁盤の目の場合の数を15問、(図をきちっと、几帳面に描く練習も)
こんにゃく一枚(3センチ×5センチ)を,まぁまぁおいしいと食べてくれました。砂肝か?と奇妙な質問がありましたけど、これはこんにゃくです。

J君(6年)→3ヶ月間、サピックスの「基本60題」をやり過ぎて、すこし飽きてきたので、場合の数の碁盤条件付の難しいもの、18問終わりました。
こんにゃくについては、いつもこういうの食べているから平気と言って、ごく普通に食べてくれました。
二人とも“苦い”事には一言も触れていませんでした。ふしぎ・・・・
by youkosodesu | 2007-07-05 09:41 | ●料理
<< ブヨのせいよ、ブヨめっ! 今日も面談(小4) >>