おやつ考

子どもたちが楽しみに来てくれる理由の一つに、好きなのを5個とれる駄菓子があります。

だんだん人数が増えて、現在は7人(定期テスト時だけ来る中学生を入れると9人)になりましたので、予算の関係で、前みたいに”おやつ釣り掘り”が出来なくなってしまったのが寂しいです。
それでも一月に2~3千円ほど、近所の駄菓子屋に買いに出向きます。まとめて買えばいいものを、自分が誘惑に負けて、ほとんど食べつくしてしまうという失態を防ぐために、こまめに買いだしに行きます。
そして、駄菓子屋のおばさんにも、「あの、自分がどんどん食べちゃうってことはないんですか?」とくだらない質問をしてしまいました。が、その方も「あるある!」と同感してくれましたので、私だけではなかったのね。

姉には「よその大切なお子さんに、そんな粗末な10円のものを出すなんて、もっとちゃんとしたものを出したら?衛生上もどうなのかしら?嫌がる親御さんもきっといると思うけど」と注意を受けたこともありますが、一人ひとりに確認したところ、「食べてもへーき、全然怒られない」と言ってくれたことと、普通のお菓子よりも喜んでくれるのでやっぱり駄菓子が最高。

でももし、「うちの子にはあげないで」、というお母様がいたら、その旨ご連絡ください。”100円せんべい”などの地道なものにしますので。

というわけで今日はおやつを選ぶI君です。
f0024310_20404256.jpg

f0024310_20422944.jpg

食べながら勉強しているのではありませんよ。休み時間なのに、なぜかI君は鉛筆を握ったままの手なのです。
by youkosodesu | 2007-03-08 20:47 | ●料理
<< ”8歳少女”vs”オジイ君” ティータイム移動 >>