ビューティーコロシアム

昨日のTV番組「ビューティーコロシアム」はよかった~。

あんなに変身するとはびっくり!

しかし、中の一人、「90キロほどの体重の女性を痩せさせる」、というのには、これまた別の意味でちょっとびっくり!

「おかしいわね・・・ちゃんと食事制限しているのに、こんなに体重減が停滞しちゃうなんて。
何かこっそり食べてない?
ホントは食べてるんでしょ?
本当のことを言って頂戴」
と取調べのようになっていました。

だからその女性、かたくなに「いいえ、絶対に食べてません」なんて。
最後には「ハイ、実は食べました」と”白状”させられていましたが。

当初の意気揚々ぶりは、だんだんと無理やりやらされているように変わってきています。

番組の趣旨上、苦難を乗り越えた末、勝ち取る”美”でなければいけないことは分かるのですが・・・

この人無理やり痩せても、きっとリバウンドしちゃうかも・・・(結末は未来へと持ち越しのようでした。)

とにかく、ダイエットにしろ、勉強にしろ、ぐうの音も出ないように責められ、管理されながらやるのは、性格によってはいい方法ではありません。

必ず破綻がきます。

この女性は気弱で、嫌なことに負けやすいらしいです。
やるぞー、と発奮するのとは真逆の方向に行ってしまうのでしょう。

自分の人生で“気が済むこと”がほとんど無いために、食欲だけは気が済むまで満たした結果なのでしょうか。

一日一回気が済むまで”ドカ食い”して食欲中枢を正常に戻すという、BOOCSダイエットのほうが効果的だと思うのですが、いかんせん”ドカ食い”は、イメージとして”美しさ”とはかけ離れているのが難点です。

ストレス過剰状態が長く続くと、脳の機能が低下して、情報処理、情報伝達が十分にはできなくなります。この状態を
BOOCSダイエットの藤野先生の理論では「脳疲労」と呼んでいます。

お母様方要注意。
”イヤイヤ勉強”も、おそろしいほど”脳疲労”を溜め込んでしまいます。

お子さんに共感しながら楽しんでやる勉強だってあるんですよ!
本当に。
by youkosodesu | 2007-02-07 22:04 | ●ダイエット
<< ニューフェイスを待つ HPを見た方と面談 >>