壊れてしまいました

f0024310_20541218.jpg

とうとう風呂用テレビの寿命がきて、まったく映らなくなってしまいました。5年前はまだまだ一般化しておらず、10万円を越すとても高価な代物でした。やっぱり水場で使う器械物は、いくら防滴とはいえ、壊れやすいのですね。
どうしても風呂場でテレビがみたいなぁ・・・。1時間も何もなしでは、とうてい入浴時間が持ちません。しかし、このところ、この手のテレビは安くなったとはいえ、やはり6万円近くするのです。

f0024310_20502694.jpg
そこで、いい考え。古いスタイルのテレビを、10メートルのアンテナコードでつなぎ、脱衣場まで運び込みました。家人に怒られるだろうなぁと、ちょっと後ろめたいものですから、誰も居ないときにヨイショと運んできて、いい湯だな、をしております。普段お爺君(夫)の携帯にはめったと連絡しませんが、こういうときだけは「今日は?ゴハンどうする?何時に帰ってくる予定なの?」と訊ねます。そして安心してゆ~っくりと入浴するのです。
電気屋さんにもずいぶんいぶかしがられました。「おくさんねぇ、傷むよー、電機物は。湿気に弱いからねー」とさんざん注意を受けつつ、小さくなって10メートルアンテナコードを買いました。
確かに。
こんなにまでして、風呂場でテレビを見たがる人間はいないかもしれません。20年前から、入浴すると見たくなるのですよ、テレビが。そのほか、紅茶も飲みたくなります。
by youkosodesu | 2006-08-12 08:40 | ●趣味
<< 家族とペンションへ 歌舞伎役者のような犬 >>