嫌いな「数の性質」をやる

2017年 8月5日 土曜日 晴れのち曇り

千早ちゃん(小6)です。
千早ちゃんはこの夏最も申し込み回数が多く、その意気込みが感じられます。
f0024310_19044278.jpg
本日通し授業ですが、往復30~40分とほどほどに近いため、午前の部を終了後いったんご自宅に引き上げていただき、各自で食事を摂ることにしました。そして夕方に再び来訪していただきます。

今までの学習済み単元は、帰宅後に必ず復習して「自分ノート」を作成しているということです。
すごくきれいにまとめてあるし、わたしが伝えたコツや段取りもきちんと書かれていて、そのノートは感涙ものです。
f0024310_19053518.jpg
この夏は、今までの苦手箇所全部復習する段取りになっています。 

本日は「数の性質」です。
千早ちゃんは、特殊算はなかなかのものですが、数は無味乾燥でどうやらイメージしにくい様子なので、5年生範囲から丹念に苦手箇所を探してゆきます。
f0024310_19050824.jpg
しかし、時間ももったいないので、ぱっと見てこれはできると判断したものはどんどん飛ばし、「嫌いなもの」だけに絞ることにします。

千早ちゃんの苦手は、このような複数のものです。

「12で割っても、15で割っても11あまり、17で割ったら4あまる数のうち、最も小さい整数を求めなさい」

これは、まずはじめの2者でいくつか数をだし、その数のどれが条件に合致するか順番に点検すればできます。答 191

こうして5年次の復習が終了し、シリーズ6年上巻第七回にきました。

今まで、好きではないからつい敬遠して、結局手付かずが多かったのですが、こうして怒涛のようにやればだんだん慣れてきて、コツを掴んできたようです。

明日も一日中千早ちゃんの授業です。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-08-05 19:17 | 千早ちゃん
<< 再びの千早 今日からひとり学習開始 >>