ミントちゃん、その後。

2017年 5月27日 土曜日 晴れ

今日はミントちゃん(小2)のことを書きます。
母談「公立小の授業では、たいてい一番です。でも必ず1個、2個のミスがつきものですが」
なかなか優秀なミントちゃんです。

4月16日、わくわくしながら数学習のスタートを切ったそうです。

週に一度、土曜日に1週間の記録を送ってくださいます。

足して10のまとまりを作るプリントを1日に6枚、10からひくプリントも6枚やっています。
一度目のご報告は1週間後に来ました。

1枚目から、制限時間の2倍程度からのスタートになっています。
なかなか幸先の良い出だしです。

しかし次の週の時間記録も、ほぼ同じ時間の推移を示しています。
そして次の週も・・・

3週目になるとお母様からこのようなメールを頂きます。

回数を重ねてもなかなか伸びてこないことに苛立ち始めて、タイムが出ないとわかると、途中から完全にやる気を放棄してしまうのが分かります。
仕切り直したいから、『もっとやる』とムキになってきますが、こちらも朝は時間がないので、明日頑張ってと15分間程度の数学習を打ち切らざるを得ません。

もうミントには無理かもしれない。
数学習は、ここで断念か・・・

今までの7、8年間の人生で、ミントちゃんはやることが手早くて、何をやっても短い時間でコツを掴み、あっけなく水準以上になるという経験ばかり積んで来たのだとおもいます。
ですから今回のようなことは、おそらく初めてなのでしょう。

タイム記録は乱高下しているため、前の練習が次につながっていません。

ミントちゃんに足りない点は、感情を一定に持ってゆくことだと思います。
小学校では、速度はあるが100%ではないという理由も見えてきました。

瞬発力でさーっと流しても、今までは何とかなりましが、数学習はそういうわけにはいかないこともたくさん出てきます。

このように返信し、そうかぁ、辞めちゃうのかぁ、と残念な気持ちになっていると、次の時間記録報告で一気に時間帯が移動しました。

そしてとうとう5月13日に、「安定して時間内に入った」とのご報告を頂きました。

足して10になるプリントは、考えるプリントではありません。
相手探しですから、4の相手は6、3の相手は7のように覚えるしかないのです。
ですから時間内に入らない、と言うことは、100%覚えきっていないとみてください。つまりちょっと引っかかる組み合わせに秒を取られてしまうのです。

そういう箇所をあぶり出すのが、この30秒なのです。
(注:学齢によって書くことがまだ巧みではない場合は、答は3,6,7・・・のように口頭でお願いします)

今、繰り上がりのない1桁+1桁に進みましたが、初回から一気に時間内に入ったとのご報告に驚いています。

結局出だしの課題⑤⑥には計360枚を要しました。
しかし、十分に報われました。
初回のミントちゃん→

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


by youkosodesu | 2017-05-27 09:22 | 小学生版・数学習クラス
<< 小6 パープルちゃん 年中児への働きかけ >>