通過算はOK!

2016年 9月18日 日曜日  曇り

斗真君(小6)です。
f0024310_18151334.jpg

お母様へ

比例式で解くやり方は、●●先生(塾先生)のやり方と根本は同じだと言っていました。

しかし、あるときには正解、またあるときには不正解となると、かえって何がなんだか分からなくなり、揺らいでしまうといっています。

疑問点を突き詰めることなく次に進むことは、「間違えてしまったけれど、何故自分のそのやり方ではいけないのか」の理由がストンと胸に落ちていないわけですから、何度でも自分独自の思考回路に引き戻されてしまうのです。

変化しないおおもとの比を見つけることに大きな意味がある、と言うことも解説プリントに理由を力説しているので、お目通し願います。


クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-09-18 18:24 | 斗真君
<< 酸欠で倒れそうになる、の巻 振替可能日・各種ご連絡 >>