掛け算考

あゆみちゃん(小2)です。
f0024310_912324.jpg

これは、5月1日の親子写真です。
繰り上がり足し算が時間内に入り、めでたく合格したときのものです。

私が「(時間を振り分けにしてもかまわないから)毎日合計20分必ず」とうるさく言うので、着々と進んでいます。
そしてこの日、「うわぁ~♪ あゆちゃん一気に早くなったね。」とびっくりしていました。

子どもたちは階段状に進歩していくので、あるとき突然すごい進み方をします。

あれから約一ヶ月経ちましたが、今まさに割り算の横(1問1秒)にさしかかろうとしています。

あゆみちゃんはまだ2年生になったばかりで、九九を学んでいません。

数学習クラスに入ってすぐに、九九を「毎日読む」ことだけを日課にした結果、既に上からは覚えきり、今は逆九九を学習中です。

しかし120%の完璧度にならないと、時間クリアが見込めないため、現在それを足踏みして待っているところです。

掛け算ははじめに迎える山場で、完全に覚えきる必要がありますが、大抵のお母様たちは「風呂場にビニール製の掛け算表を貼り付けているので、もう言えます。」みたいなことをおっしゃいます。

それだと完成度50%くらい。

逆九九ができたら、次に方眼紙程度の厚紙で九九カード(5㎝×10㎝くらい)をつくり、「こちらが(カードを)出す速度と同じ速度で付いてくるように」をやります。
この効果は大です。

ぎゃーー、懐かしく読み返したら、あまりの意気込み様に引いてしまいました。↓
どうりで、数学習のお母様方が怯えかえっていると思ったわ。
掛け算九九(小2の6月)
掛け算九九暗記法(小2の11月)

九九カードの大きさご参考例↓
(注:このように床に置いて使うのではありません。あくまでもカードの大きさだけをご覧ください。)
f0024310_9575672.jpg


ランキングに参加を始めました。
クリックよろしくお願いします!

 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

by youkosodesu | 2014-05-23 23:36
<< アーチできました。 「書き出し」はダメよ >>