世にも珍しいごみ容器 追記あり

出来ました。(古屋加江子先生の本を真似しました)
これぞまさしく「再生」です。
f0024310_9194581.jpg

f0024310_9202730.jpg

三年前、ファイル入れを作った時に描かれたアリスの顔はこれ↓
このときの私に何かあったのだろうか・・・フランケン顔で、“可愛いさ”からは程遠い顔つきです。
当時の心境を物語っているのだろうか。
f0024310_921437.jpg

今回はこれ。
可もなくなく不可もなく、と言ったところですが、これではぜんぜん味がないなぁ・・・
何かを見て描いたわけではなく、心の中で、「可愛くなれ!」と念じて描いたのですが、魂が宿ってないなぁ。
f0024310_9212567.jpg

榮倉奈々に似ています。

こういうごみ容器が外に出ているのを見かけたことは、生まれてから一度もありません。

昨夜は勇んでいたものの、だんだん気恥ずかしくなってきました。
40歳前後の、ちょっとおしゃれな、小中学生がいる若いママが住んでいると思いきや・・・

あまりにもギャップが大きいので、出す時、他人に見られないようにこそこそしてしまいそうです。

いいわ。でもやるわ。

(時間経過)


あっ、収集車が来ました。
急いで二階に駆け上がり、この容器をゴミ箱と察してくれるかどうかをカーテンの陰に隠れて観察します。


フツーでした。
普通にふたを開けて、中からゴミ袋を取り出して去って行きました。

仕事だもんね。仕方ない。

私は朝から一体何をやっているのだろう。

掃除も洗濯もしていない。
家はメチャクチャ。


さぁそろそろ 遅い朝ごはんにするかな。


[追記]

さらに蓋のバージョンアップ。
これなら収集係も、きっと開けやすいに違いない。
すごくいい感じ~♪♪
f0024310_1445357.jpg

f0024310_1484492.jpg

再生前写真
やったーっ!!またもバージョンアップ。秋なので、手仕事がはかどります。
f0024310_1413552.jpg
f0024310_1415188.jpg

by youkosodesu | 2011-10-27 09:34 | ●趣味
<< どうやって解くのか分からない 今はこんなに汚いですが >>