ピアノレッスン

私が習っていたピアノの先生のお宅は、都心部にありながら閑静な住宅街にあり、外観が大正時代のレトロな洋館のようで、その辺りでも目をひくお屋敷でした。その後建て替えをなさいましたが、古いその家に行くのは、すごく楽しみでした。

先生は、レッスン室横の待合コーナーに、少女向けの月刊誌を、発売日ごとに何冊も書店に注文し、子どもたちは常に一番新しい本を手にすることが出来るのです。
そして月に一度、レッスンが終わった順に、お茶とお菓子を出してくださいます。その器もとてもすてきなもので、お菓子も私が食べたことのない珍しいものでした。
圧巻は先生のファッションです。ほぼ2年おきに発表会を催しますが、そのときのフルレングスの舞台衣装のようなドレスを、普段のレッスン時に着用なさって出迎えてくださいます。

あるとき、娘と散歩していると、ピアノ教室の看板が・・・・・。ステキな家だなぁ、こんな家でピアノを習いたい、と思ってすぐに門をたたきました。だからわたしの習い始めは大人になってからです。
5年後ソナタにすすんで少し経った頃、練習量だけでは、乗り越えられない行き詰まりを感じて、とうとう辞めてしまいました。

先生がとても好きでした。
先生に褒められたくて、なかなか昼寝してくれない(下の)娘をおんぶしたままで、何時間も練習していたあの5年間が夢のようです。
生徒一人ひとりを、仕事を超えてとても大切にしている先生の姿が、今でも記憶に染み付いています。

今、私が生徒さんを迎えるスタイルは、全部このピアノ教室が原風景になっています。

f0024310_1522048.gif

by youkosodesu | 2006-03-13 00:06 | ●趣味
<< Aちゃん来る 通り道 >>