授業をビデオに撮る

2017年 11月20日 月曜日  晴れ

塾に通っている全国のみんなが、通っている年月に比例して、どんどん出来るようになっているという話は、あまりききません。
何故だろう。
その理由は、塾で聞いた授業内容は、7割くらい流れて消えてしまうからだと私は思っています。

あとで復習時に見返そうと、きちんとノートに書き写すことに専念すれば、頭の中は先生の講義に集中できません。それどころか、聞けない状態かもしれません。

反対に、一生懸命に聞いていればノートはとれない上、ついでにどんどん忘れることも加わって、結局ほとんど頭に残っていない可能性もあります。

二つのことを同時にやるのは、大人でも大変です。

本当は、テキストとは別に、授業のポイントやコツをレジュメにして配ってもらうか、ビデオ収録可にしてもらえるとよいのですが。

しかし、授業=商品ですから大手塾では、それはしません。

だけど、出来るだけ脳にとどめてもらうには、ビデオはとても便利です。

だったら、わたしが解説→生徒がリハーサルをかねて解説練習→生徒本番収録のようにやれば、写っているのはわが子ですから問題はないだろう、と言うことで、この日パープルちゃんはビデオ持参でやってきました。

家庭塾では、数学習生以外の親御さんの同席はお断りしていますが、その代わりにビデオ持込はOKなので、既に何人かの生徒さんはビデオ持参で来ています。
f0024310_20582732.jpg
パープルちゃん(小6)は、数学習生ぴぴちゃん(小3)のお姉さんで、在籍生徒さんではありません。
しかし、余り枠があれば以前から適宜お受けしていました。

この日のリクエストは「売買損益算」です。
前日にお母様から写メされた「×問題」を見ると、何点か気になることがありました。

①異なる比を同じ比にする練習が急務
②塾では、(線分図すら書かせていない)単なる式だけで取り組んでいるようなので、難問対策として、やはり図化になれることが必要

「一問やっては、その手順を収録」にしましたので、これを家で復習時に利用した結果、どの程度定着するか楽しみです。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



# by youkosodesu | 2017-11-20 20:53

期末対策に来る

2017年 11月19日 日曜日 晴れ

ピーチちゃん(中1)です。
f0024310_23160597.jpg
一学期は、数学の先生の授業の進め方とこだわりにビックリして、合わせていくことに必死でした。

先生の採点は減点方式なので、ほんの些細な書き漏らしや、先生独自のやり方を踏襲していない失点が重なると、ギョッとするほどの痛い結果になり、本人のみならず、数学は得意の子だから、たぶん上位だろうと踏んでいた私も驚きました。

二学期は幾何の授業だけに絞られており、つい最近図形の証明問題に入りました。
証明に関しての先生は、意外にも普通のやり方でしたので、ちょっと安心しました。

証明は、「型」に沿って書くやり方に慣れれば毎度同じで、そう手が掛からばないのですが、まだ学び始めの段階では、ピーチちゃんはその「型」に慣れておらず、じーっと考えていました。

ぼーっとしているわけではなく、じーっと考えているので、「もっと早くやりなさい」ということはできませんし、本人が教えてと言っていないのに、思考を遮るように口を挟むのをとても嫌がるので、今日のところは問題数は捗らず。
ママ、ごめんなさい。

次回は速度を出す練習をする予定です。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
# by youkosodesu | 2017-11-19 23:29 | ピーチちゃん

重要単元「割合」に入る

2017年 11月18日 土曜日 曇り&小雨

西島ヘラクレス君(小4)です。

中学受験の最重要単元は、割合、速さ、比の三単元です。
ある日ヘラクレス君は、いよいよその重要単元である「割合」の予習にやってきました。

①比べる量÷基にする量=割合
②基にする量×割合=比べる量
③比べる量÷割合=基にする量

同じ単位同士を比較する①式が基本中の基本です。

ですから上式3つとも暗記する必要はなく、②③は、①から逆算によって求めればよいです。

割合とは、「割」の字を使っている以上、割り算だと理解してください。

小学校3年生で初めて割り算を習います。
意味としては「分ける」ことです。
「分ける」には、包含除(ほうがんじょ)と等分除の二種類あります。

「10個のアメを5個ずつ分けたら何人に分けることができるか」→包含除
「10個のアメを5人で分けたら何個ずつ配れるか」→等分除

もうひとつ、割り算には「何倍か」を調べる目的があります。
それが、今回学ぶ割合です。
例えばここに50人、100人のグループがあったとしよう。

ⅰ 50人グループは、100人グループの何倍か。
ⅱ 100人グループは、50人グループの何倍か。

こんな簡単な問題では、半分の確率で正解しますが、突き詰めると、多くの子どもが、50÷100と100÷50の式の立て方に、モヤモヤ感を抱えているのです。

各塾では「の」は掛け算のことだよ、と教えているので、
ⅰは、50=100×□ 
ⅱは、100=50×□
になり、あっさりした一行問題程度なら、どの子も瞬く間に正解するので、私も一通りの解説を終えたあとは実際にこのようにやっています。

ですが、いきなり「”の”は掛け算」から入るのでは、同じ単位同士を置いて比較する
①比べる量÷基にする量=割合
をすっ飛ばして、掛け算のかたちになっている②式から入ることになり、具合がよくありません。

問題が複雑化してくると、「”の”は掛け算」のような理解の仕方ではなく、
「誰が(どの数字が)が基準値になるのだ」を見分けることが必須になります。

その見分けの訓練をすべく、基本問題を30問程度用意しています。
基準値を見い出し、式を立てる練習なのですが、なぜその数字を基準値と見たのかいちいち言わせていたら、途中、ヘラクレス君から抗議を喰らいました。

先生の教えかたは、遠回りでまどろっこしい、と。

もう出来る。
だって、「”の”は掛け算」のことなんだから、そんな遠回りをしなくても、あっという間に式が立てられる。

ヘラ君はTOP層に食い込みつつあるので、これくらいの能力の子には私の教え方はうっとうしいのかなぁ・・・。

いろいろ葛藤していますが、でも問題が入り組んでくるとまずいのではと、一方では不安にもなります。

これからいよいよ塾ではその授業が始まるのですが、TOP層にどんな教え方をしているのか参考にしたいです。
f0024310_11140471.jpg
クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

# by youkosodesu | 2017-11-18 11:18 | 西島ヘラクレス